愛犬の健康と長生きのためにできること
MENU

レボリューションプラス(ストロングホールドプラス)の購入はコチラ

原因

首をかしげる犬の写真

ワンちゃんもさまざまな要因でストレスを感じてしまいます。
それはちょっとしたことから大きなことまであり、気をつけていないと知らず知らずのうちにストレスを与えてしまっているかもしれません。

そうなってしまっては愛犬もかわいそうです、どんな原因があるのか詳しく一緒に勉強してみましょう。

愛情不足

ワンちゃんにとって愛情表現は不可欠なものです。
愛情をあまり感じられないと不安になりストレスを感じてしまいます。
そして、今まで受けていた愛情が受けられなくなってしまった場合にもストレスを感じます。

愛情が不足しているワンちゃんは分離不安障害になる傾向があり、飼い主に対する依存が高くなります。
分離不安症とは、お留守番など飼い主から離れる時に、もう会えないのではと不安に感じてしまい、問題行動を起こしてしまう症状です。

本来ワンちゃんは群れで生活をするので、一人でお留守番をすることがありません。

信頼関係ができあがっているのであれば、お留守番をすることもだんだんと慣れていくのですが、分離不安障害になってしまうと飼い主が出かける時に、もう戻ってこないのでは?という不安にかられて、吠えたり、部屋をめちゃくちゃにして物を壊したりしてしまいます。

また、溺愛しすぎるワンちゃんにも同じ傾向があるので、ちゃんと主従関係を構築してしつけを行いましょう。

運動不足

ワンちゃんは運動をすることが大好きで、お散歩や遊ぶことがとても重要です。
なるべく時間を決めて、毎日同じ時間に運動をさせてあげましょう。

運動をさせてあげないと、運動不足でどんどんストレスをためてしまいます。
犬種によっては体力もいっぱいあり、思いっきり走りたい子もいます。

自分が疲れているからと、散歩や運動をさせてあげないとうつ病になってしまうこともあります。
また、同じ時間に運動をさせないと、もう運動させてくれないの?とワンちゃんは不安に思ってしまいます。

定時に行うことで、自分の生活に問題がないことを確認して、不安がなくなります。
毎日のサイクルを作って、ワンちゃんにストレスがたまらないようにしてあげましょう。

早い離乳

うつ病になるワンちゃんの中には、幼い時にすぐに親から離されてしまった子がいます。
ワンちゃんは幼い時に社会性などさまざまなことを親や兄弟から教えてもらいます。

あまり離乳が早いと、社会性を学ぶことができずに、精神的に未熟なままになってしまいます。
心が未熟なままだと、ちょっとしたことでも恐怖を感じやすくなってしまい、飼い主とどうやって関係を築いていいのかわからず、ストレスを感じてうつ病になってしまいます。

これは、劣悪なペットショップで売られている子などにもよく見られる傾向で、生まれるとすぐに親から離されて商品にされてしまうのです。

飼い主は怖くないことや、他のワンちゃんに会った時に怯えないようにしつけをしてあげることが重要です。

お留守番が多い

ワンちゃんにとって飼い主は唯一の心のよりどころです。
頻繁に外出をして留守番が多くなってしまうと、不安を感じストレスをためてしまいます。

不安を感じると、むやみに吠えたり、物を壊したり、部屋をめちゃくちゃにしたりします。
あまりストレスをためすぎてしまうとうつ病になってしまい、元気もなくなってしまいます。

なるべくワンちゃんとは一緒にいてあげましょう。
また、信頼関係がきちんとできている場合には、出かけてもちゃんと帰ってくるのを分かっているので不安になることも少なくなります

どうしても留守番が多くなってしまうのであれば、その状態が当たり前であることを認識させて、不安をとり除いてあげましょう。

環境の変化

環境の変化に弱いワンちゃんもいます。
引っ越しや、子供が生まれる、結婚をするなど、住んでいた場所が変わったり、一緒にくらす人が増えたりすることで不安を感じてしまいうつ病になってしまうパターンです。

  • ワンちゃんは群れで生活をする生き物で、自分のポジションを気にします。
  • 赤ちゃんができた時に、忙しくてワンちゃんを放っておくと嫉妬をしてしまいます。

前までは自分のことをかわいがってくれたのに、もうかわいがってもらえないのでは?と不安を感じてしまうのです。
赤ちゃんが生まれた時にはいろいろと大変なこともあるかと思いますが、ワンちゃんも同じようにかわいがってあげましょう。

そして、いち早く変化に慣れさせてあげましょう。

飼い主さんの機嫌

ワンちゃんは飼い主の変化にも敏感に反応します。
機嫌がいい時や、機嫌が悪い時など臭いで感知し理解をします。

そのため、飼い主の機嫌がころころと変わってしまうと、ワンちゃんはどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。
ワンちゃんを飼うのであればどっしりと構えることで、ワンちゃんが従いやすい状態にしてあげることが重要です。

また、飼い主がイライラしたりしていると、ワンちゃんはそれを察して怯えてしまいます。

そういった状況が続くとだんだんとストレスを抱えてしまって、うつ病になっていします。

現代社会で生きていると何かとストレスを抱えてしまい、イライラしてしまうことも多いかと思いますが、ワンちゃんにはやさしく接してあげましょう。
イライラしていても、ワンちゃんと遊ぶことで癒されて下さい。

症状

横になる犬の写真

ワンちゃんはうつ病になるとさまざまなサインを出します。
そのままにしてしまうとどんどん悪化してしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

そうならないためにも、どのような症状があるのか確認してみましょう。

元気がない

健康なワンちゃんなら、運動が大好きで、元気いっぱいに走り回っていると思います。
どこに行くにも飼い主についてきたり、オモチャを持ってきて遊んでとアピールしたりしてきます。

しかし、うつ病になってしまうとケガをしているわけでもないのに元気がなく、全然遊ぼうともしなくなり、散歩に行くにしても、喜ばずに飼い主の後ろをトボトボと付いてくるだけになってしまいます。

最近元気がない、部屋でもずっと横になって動かない場合はうつ病の可能性があるので注意が必要です。

寝てばかり

ワンちゃんは普段からよく寝る動物で、お留守番をさせている時はだいたい寝ています。
健康なら飼い主が帰ってきた時にすぐに起きてよってくるでしょう。

しかし、うつ病になってしまうと、飼い主が帰ってきても起きずにそのまま寝ていたり、気づいたら寝ていたりするという状況がよくあると、うつ病の可能性があります。

いつもより寝ている時間が長い、起きても全然よってこないようならば注意をしましょう。

興味や関心がなくなる

ほとんどのワンちゃんは散歩が大好きで、散歩の時間になるとはしゃぎだしたり、飼い主が散歩に行こうとしたりすると喜びます。
さまざまな物に興味があり、新しいオモチャを買ってあげれば興味津々でよってくるし、外で人や他のワンちゃんが通れば窓まで見に行くでしょう。

しかし、うつ病になってしまうと、いろいろな物に対して興味や関心がなくなってしまいます。
散歩の時間になってもおとなしく、行こうとしてもあまり反応がない場合や、新しいオモチャを買ってあげても喜ばずにあまり遊ばないようであれば注意が必要です。

自傷行為

ワンちゃんが自分の体をなめているのは、何らかのサインを出している証拠です。
退屈で遊びたかったり、ケガや皮膚病などが発症していたりすると患部をなめます。

うつ病になってしまった場合には、肌に傷ができるくらい舐めてしまったり、手やしっぽを噛んだりする自傷行為を行ってしまう場合があります。

人間の強迫神経症と似た症状で、例えば手を洗ってもキレイになった気がせずに、何度も洗ってしまうような行為です。

自傷行為を行ってしまっている場合にはなんらかのストレスで、うつ病になってしまっているかもしれません。
どういうサインなのかを確認して、正しく対処するようにしましょう。

食欲の増減

ワンちゃんは食べることが大好きです。
お気に入りのおやつあげればとても喜ぶことでしょう。

しかし、急に食欲がなくなってしまった場合も要注意です。
うつ病になると大好きなおやつすら食べなくなってしまい、だいたいの場合は痩せてしまいます。

逆に不安を補うために過食になってしまい、体重が増えてしまう場合もあります。
普段と食べる量が変わってしまったり、好きなおやつを食べなくなったりしたらうつ病の可能性があります。

改善方法

上を見上げる犬の写真

うつ病は些細なことが原因で発症してしまい、どんな子でもなってしまう可能性があります。
ストレスをとり除いてあげてしっかりとケアをしてあげることが大事です。

ここでうつ病の改善方法を学んでいきましょう。

愛情をそそぐ

愛情をいっぱいそそいであげましょう。
愛情が足りないと不安になりストレスをためてしまいます。

指示に従ったら褒める、問題行動をしなかったら褒めるなど、行動に対してしっかり愛情を注いであげて下さい。
ワンちゃんは赤ちゃんみたいなものです。

スキンシップをいっぱいとって、愛情をいっぱいそそぐとことで不安を解消すれば、元気な姿に戻るでしょう。

決まった時間の運動

ワンちゃんは毎日のサイクルが崩れてしまうと不安に思いストレスを抱えてしまいます。
規則正しくサイクルを行う事でワンちゃんは安心します。

散歩やごはんなどは決まった時間に行うようにしてあげましょう。
そうすることで、不安がなくなり、ストレスも解消されます。

サイクルが崩れてしまっているようであれば、正すようにしましょう。
うつ病になり元気が無くなってしまっている状態だったとしても、サイクルを守ることで安心させて、うつ状態を解消してあげるようにしましょう。

コミュニケーション

ワンちゃんは飼い主とコミュニケーションをとることが大好きです。
うつ病になってしまった場合にはいっぱいコミュニケーションをとってあげましょう。

ワンちゃんは人でいう3歳くらいの知能があります。
フセやオスワリなど、しつけることで指示に従ってくれるようになります。

このようにワンちゃんは人の話す言葉などを必死に理解しようとします。
ゴハンやサンポなど覚えれば、単語を言うだけでワンちゃんも大喜びになります。

愛情をいっぱい注いで、コミュニケーションをとってあげましょう。

サプリメント

ワンちゃんのうつ病にはサプリメントも効果的です。
ハッピートラベラーは天然成分で配合されているサプリメントで、ワンちゃん不安を軽減させてくれます。
添加物も一切使用されていないので、副作用などもなく安心して与えられます。

うつ病は何かに不安を抱えている場合が多いので、サプリメントで上手に軽減してあげましょう。
また、引っ越しをした時や、動物病院に行くときなど、環境の変化などで不安を感じストレスになるような時に飲ませてあげましょう。

予防

じゃれあう犬の写真

うつ病はだれでもかかる可能性のある病気です。
飼い主がケアを怠らなければうつ病にはなりません。

ワンちゃんにいつも元気でいて欲しいのであれば、予防方法を学んでうつ病から遠ざけてあげましょう。

ストレスをかけない

うつ病の原因の一つにストレスがあります。
ワンちゃんはさまざまなことでストレスを感じてしまいます。

愛情不足や、コミュニケーション不足、運動不足、日常のサイクルが乱れるなどで、どんどんストレスがたまってしまいます。

ストレスはうつ病の原因でもありますが、他の病気の原因にもなります。

愛犬がどういったことにストレスを感じているのか観察をして、ストレスがたまらないようにてあげましょう。

しつけ

ワンちゃんにとってしつけはとても重要です。

甘やかしすぎてしつけを行っていないと、分離不安症を起こしてしまうことがあり、留守番をさせるだけで不安やストレスを抱えてうつ病になる可能性があります。

特に、子犬の時にすぐに親から離されてしまった子は、社会性を育てることができていなく、集団生活がうまくできない場合があります。

一度分離不安症になってしまうと、なかなか改善が難しくなります。

しつけをかわいそうなことと捉えずに正しく行いましょう。
そうしないと愛犬に余計なストレスを与えてしまったり、うつ病や分離不安症を起こしてしまったり、本来ならしなくていい苦労をしてしまうでしょう。

スキンシップ

スキンシップをとることは当たり前ですが、忙しいとかまってあげられない時もあります。
そうしてしまうと、愛情不足でストレスを抱えてしまいます。

ワンちゃんは飼い主の事が大好きで、いつもかまって欲しいと思っています。
散歩に連れて行ったり、家でいっぱい遊んであげましょう。

そうしたスキンシップをとることで、不安やストレスを減らしてあげて、うつ病を未然に防ぐことにつながります。

愛犬は我が子も同然です。
愛犬優先で時間を作ってあげて、いっぱい遊んであげて下さい。

飼い主さんの生活リズム

ワンちゃんにも体内時計があり、朝に起きて夜に眠るようにできています。
本来、人の生活リズムと近いので、ワンちゃんと人は生活をともにできていたのですが、現代ではさまざまな雇用形態があり、昼と夜が逆転してしまっている方もいらっしゃると思います。

ワンちゃんは飼い主の生活リズムに合わせてくれるので、夜起きていて、昼眠っているのも問題はないのですが、生活のサイクルが乱れて、一定ではない場合にストレスや、不安を抱えてしまいます。

ワンちゃんのストレスなどを軽減させてあげるためにも、まずは自分の生活リズムを正すようにしましょう。

お留守番への配慮

ワンちゃんは本来群れで生活をするので、一人でお留守番をさせると不安を覚えます。
徐々に慣れさせていって問題なくお留守番ができるようにしつけをすればいいのですが、始めのうちはやはり寂しがります。

テレビをつけっぱなしにしておくとか、飼い主のにおいのするものを与えてあげて不安を軽減させてあげましょう。

また、真夏や真冬には部屋の温度を気にしてエアコンを付けておいてあげましょう。

真夏の部屋の中は、熱中症にかかってしまうことも考えられます。

エアコンの温度はワンちゃんにとっての適温にしてあげましょう。
人とワンちゃんでは感じる温度が違います。

ワンちゃんが熱中症にかかる基準は気温22℃以上、湿度60%以上です。

基準値を超えないように管理をして愛犬が熱中症にならないように注意をしましょう。

TOPへ